エストロゲンと成長ホルモン

みずみずしい肌のカギを握るのが、女性ホルモン(エストロゲン)と成長ホルモンです。
卵巣から分泌されるエストロゲンは、肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、肌の水分を保持する作用があります。
成長ホルモンは、脳下垂体から分泌される、文字通り人間の成長にかかわるホルモンです。コラーゲンの産生など、肌の新陳代謝にも重要な役割を果たしています。
しかし、エストロゲンも成長ホルモンも、40代以降になると分泌量が急激に減少し、肌老化も進行します。
しわが目の近くに数多くできるのは、その皮膚が薄いためです。頬の皮膚の厚さと比べると、目の下または目尻は2分の1、瞼は3分の1だとのことです。
通例では、シミは新陳代謝の働きで皮膚表面まで表出してきて、遠からずなくなってしまうというのが流れなのですが、メラニン色素が異常に生成されますと、皮膚に止まるような形になってシミへと変わるというわけです。
最近の若い世代は、ストレスを内に溜め込んでしまうので、ニキビ対策用の洗顔フォームや化粧水を使用しているのに、全然快方に向かわないという実態なら、ストレスそのものが原因だと言えそうです。
思春期と言われるときは全く発生しなかったニキビが、20代になってから出るようになったという人もいるようです。どちらにせよ原因があるはずですから、それを明確化した上で、実効性のある治療法を採用しなければなりません。
澄み渡った白い肌を保持するために、スキンケアに時間とお金を掛けている人もかなりいるはずですが、おそらく確かな知識を把握した上で取り組んでいる人は、数えるほどしかいないと思います。
「乾燥肌対策としては、水分を与えることが必要ですから、何と言いましても化粧水がベストアイテム!」と言っている方が見受けられますが、基本的に化粧水がストレートに保水されることはあり得ないのです。
有名人またはエステティシャンの方々が、実用書などで公表している「洗顔しない美容法」を確かめて、興味をそそられた方も多いと思います。
敏感肌になった原因は、ひとつじゃないことがほとんどです。そんな訳で、良化することが希望だと言われるなら、スキンケアに象徴される外的要因は勿論の事、食品だのストレスを代表とする内的要因も再評価することが重要になります。
スキンケアと申しても、皮膚の元となる表皮とその中の角質層部分迄しか効果をもたらしませんが、このなくてはならない角質層は、空気の通過も遮るくらい万全な層になっているとのことです。
ひと昔前のスキンケアは、美肌を作り出す身体全体の原理・原則には興味を示していない状態でした。一例を挙げれば、田畑を耕すことなく肥料のみを与え続けているのと同じだということです。
有名俳優又は美容のプロの方々が、実用書などで紹介している「洗顔しない美容法」を読んで、興味を抱いた方も多いと思います。
皮脂が毛穴の中まで入り込んでしまうのがニキビの原因で、その皮脂を養分とする、アクネ菌が繁殖し続けることにより、ニキビは炎症へと繋がり、更に劣悪化するというわけです。

もしかしてニキビ

敏感肌の要因は、一つではないことの方が多いのです。ですので、元通りにすることが狙いなら、スキンケアを筆頭とする外的要因は言うまでもなく、ストレスとか食事といった内的要因も再検証することが重要だと言えます。
女優だったりフェイシャル専門家の方々が、マガジンなどで披露している「洗顔しない美容法」を読んで、興味を持った方も多いと思われます。
鼻の毛穴のことで苦慮している人は多いのではないでしょうか?顔の中でも何処よりも皮脂が貯まりやすい部位だとされ、どうかすると爪の先で絞りだしたくなると思いますが、肌の表面がダメージを受け、くすみに結び付くことになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする